結婚に向けて

  1. HOME
  2. 結婚に向けて
  3. 結婚に向けて

結婚に向けて

『結婚に向けて』の画像

何から始めていいかわからない、というカップルに結婚式までの一般的な手順を紹介します。

親へのあいさつ

 両方の家まで出向いて親に会い、結婚を認めてもらって晴れて成立するふたりの婚約。まずは、相手のご両親に会いに行く前に、自分の親へは必ず報告しておきましょう。結婚はふたりだけの問題ではありません。育ててくれた両親への感謝の気持ちを伝え、きちんと承諾を得ることが大切です。
 次に相手のご両親へのあいさつですが、先に男性が女性側の両親へあいさつに行くのが一般的です。しかし、遠方に住んでいるなど、すぐに訪問できない場合には、よく話し合って段取りを決めておくことで柔軟に対応しましょう。
 当日、スムーズに話が運ぶよう、相手の情報を事前に自分の両親に伝えておくことも大切です。また、同様に自分の両親について相手に情報を伝えることも忘れないようにしましょう。
 事前に手土産を用意することを忘れずに、ケジメの日は服装やマナーにも気をつけましょう。

マナー

手土産にかける値段の相場

手土産の相場の目安は3,000円程度。ここでの手土産は、「結婚のご挨拶をする時間をわざわざ割いてくれたことへのお礼」としての意味合いです。

手土産の渡し方

 手土産を渡すタイミングは、席に座る前か、席につき、少し落ち着いてから渡しましょう。渡すときには「美味しいと評判なので、ぜひ召し上がってみてください」と一言添えた方が印象は良いでしょう。
 「つまらないものですが」という言葉は「つまらないと思うものを差し上げる」という意味にも取られかねないので、決まり文句だと思って言ってしまわないように注意しましょう。

基本の服装

 女性は「清楚」な服装を心がけておきましょう。訪問する際の服装は、スーツまたはワンピースが清楚な印象を受けるようです。
 また、自分の両親のもとに彼が挨拶に来る際に同席する時には、たとえ自宅であっても相手の服装とのバランスを考え、カジュアルになり過ぎないように心がけましょう。
 訪問する側の男性は「清潔感」のあるスーツやジャケットであれば問題ないでしょう。もちろん、ビジネススーツでも大丈夫です。

どこに座るか

 部屋に通され、「こちらにどうぞ」と進められたら、その席に座りましょう。
特に座る位置を指定されなかったら、下座に座ることがマナーです。

  • 和室は床の間から一番遠い席が下座
  • 洋室は出入口のドアに近い席が下座

となっているので、覚えておくとよいでしょう。

相手の親のことを何と呼ぶか

 結婚挨拶のときは「結婚前」なので、いきなり「お義父さん、お義母さん」と呼ぶのはNGなので気をつけましょう。「○○さんのお義父(とう)さん、お義母(かあ)さん」と呼ぶとよいでしょう。

結婚の話を切り出すタイミング

 まず、部屋に通され、全員が揃ったら、「○○と申します。本日はお時間をおつくりいただきましてありがとうございます」とあらためて挨拶します。
 席に座る前にタイミングを逃したら、ここでお土産を渡しましょう。そして、お茶を頂いたりしながら、雰囲気を和ませる会話を心掛けます。緊張してしまって、なかなか話のきっかけがつかめない場合でも、二人がお互い協力しあって会話を進めるようにしましょう。

『結婚の話を切り出すタイミング』の画像

 場が和んだところを見計らって、いざ結婚挨拶へと移ります。男女どちらの家であっても、順番は男性から報告をするのが一般的なようです。女性への両親への挨拶なら、きちんと座り直し、しっかりと相手の両親の目を見て 「○○さんと結婚させてください」 と伝えましょう。

長居はしない

 話が一区切りついたころを見計らって「そろそろ失礼します」と切り出します。 そして、コートは手に持った状態で、玄関でお礼の言葉を述べ、帰ります。もし、相手の両親から、コートを着ることをすすめられた場合は、「ありがとうございます」とひと言添えて従うほうがよいでしょう。

宿泊を伴う可能性がある場合

 相手の実家が遠方にある場合があります。日帰りで行くことが無理な場合は、相手の両親が「ぜひ自宅に泊まって」と勧める場合以外、あらかじめホテルに宿泊する予定にしておくことが無難でしょう。
 また、女性は彼の母親に「何かお手伝いできることはありますか?」と一言申し出ると良い印象が与えられます。断られても、一度は「ご遠慮なさらずにどうぞおっしゃってください」と伝えましょう。それでも断られたら手伝わないことがマナーです。

職場への結婚報告

『職場への結婚報告01』の画像 挙式の3カ月前程度を目安に、順番とタイミングに注意しましょう。
 最初は直属の上司へ報告することで、上司がみんなに伝える場を設けてくれるのか、自分から一人ひとりに報告するのか、上司のアドバイスに従って行動をすることができるようになります。忙しい時間を避け「少しお時間いただけますか?」と伺ったうえで報告をしましょう。
 直属の上司に報告後は、先輩、同僚といった順番が一般的です。仲のいい同僚との普段の会話で結婚の話が出たら事前に伝えてもいいですが、あくまでも内密にしていただくことで、順番を守りましょう。

両家の顔合わせ

『両家の顔合わせ01』の画像 最近は、両家の家族が顔を合わせ、婚約の儀式として結納品を贈り合う正式結納を行うことは昔に比べて少なくなり、簡略化して食事会のみにするのが主流となっています。もちろん食事会だけでも、結納と両方しても良いのですが、お互いの家のスタイルや、自分たちのスタイルで好きに選びましょう。
 ただし、親世代の顔を立てた方が今後のお付き合いはスムーズになるかもしれませんので、主役の自分たちを中心に、両家の親ともよく話し合いましょう。
 両家の顔合わせは大切なイベントです。ホテルやレストランの結納プランや食事会プランなどを利用するなど、しっかりとした場所を選ぶようにしましょう。

マナー

セッティング

通常は、新郎側から新婦側のご両親に声をかけます。
お見合いの場合は、仲人にも状況を申告します。両家の顔合わせには仲人も同席します。

手土産を持参

両家の初対面の日ですので、できれば手土産を持参しましょう。遠方の方とのご縁の場合は、地元の銘品が良いでしょう。
のしは、お二人のご縁が二度とほどけないように紅白の結び切りののしを用います。蝶結びはNG。お店の人には「外のし」で包装を依頼しましょう。下段に姓を書きます。

両家の紹介

男性側がご自分の家族を紹介してから、女性側がご自分の家族を紹介します。お見合いによるご縁の場合でお仲人さんが同席する場合は、お仲人さんが両家の紹介を行ないます。

結納(ゆいのう)

 婚約の証しに大安の日に両家と仲人が集まって、結納金や結納品を取り交わす「結納」という儀式を行います。男性の家から女性の家に結納金を贈り、女性からは記念品を渡すのが一般的ですが、最近は結納を省いてレストランで食事をして家族が顔を合わせ、指輪の交換だけで済ませることもあります。結納品は地域によって変わるものの、縁起を担いだ次のような9品目です。

『結納品01』の画像

結婚式

 日本の結婚は、昔から「当人同士」よりも「家族同士」のものとする考えが強く見られ、今でも結婚式や披露宴は本人の名前ではなく、「○○家」と両家の姓の下で行われてきました。かつては仲人さんが立会人をしていましたが、近年は仲人さんを立てないことも多いようです。
 花嫁が和装のときには白無垢、文金高島田、角隠しを付け、花婿は紋付の羽織袴が伝統的な服装です。
 結婚式は神前が一般的ながら、仏前やキリスト教式、人前式など好みでさまざまな方法が選ばれます。式はそれぞれの神社や教会など行うか、あるいはホテルの中に式場を設けているところもあり、結婚式の後には披露宴が開かれます。

『結婚式01』の画像

 最近では結婚スタイルも多様化し、リゾートウェディングや海外での「挙式」も増えているようです。一方で、「披露宴」を行わず「挙式」だけというカップルもいれば、「挙式」自体も行わない場合も...

『結婚式02』の画像

結婚式の費用

『結婚式の費用01』の画像 各地域による金額差はあるものの、だいたい70~80人のゲストを招待した場合、300~350万というのが最近の相場です。
 しかし、結婚式には「ご祝儀」がありますので、実際には新郎新婦ふたりが負担している金額は、平均で約100万円程度というデータもあります。
 また、両親が援助してくれる場合は、ふたりの負担はさらに軽くなりますので、両家を交えた事前準備が大切になってきます。

婚姻届

『婚姻届01』の画像 式をしただけではなく、入籍をして初めて新しい夫婦の誕生となります。
 婚姻届を出すには、まず最寄りの役所や出張所の戸籍担当課で婚姻届を貰い、それに記入して戸籍謄本と共に役所へ提出します。戸籍謄本は結婚前の本籍地とは違う役所へ婚姻届を提出する際に必要となります。
 婚姻届は24時間受け付けてくれていますが、もし間違いがあった場合は後日訂正に行かねばならず、入籍受理日もずれてしまうため、不安な場合は先に役所の人に確認をしてもらっておくと安心です。
 入籍と挙式はどちらが先でも構いません。先に入籍をし、それからお金を貯めて挙式をするというケースもあります。

4市町にある結婚式場

・アプローズ益子 http://www.applause-m.com/

スマートフォン用ページで見る