婚活をする人が増えている背景ってなに?

2 min 0 views
u1

u1

婚活に力を入れる方が急増している背景としては様々な理由が考えられますが、その原因の1つとして、「ご近所付き合いが非常に少なくなった」という点が挙げられるでしょうか。

今から20年以上前の話となってしまうのですが、1980年代~1990年代ぐらいまでは、ご近所付き合いが非常に積極的に行われていました。そうした付き合いがあるので、親族や近所の女性がお見合い写真を差し向けるというようなことが頻繁に起こっていたのです。そこをきっかけにお見合いや交際に発展していき、ウェディングに到るということがとてもに多かったので、婚活をする必要性自体がまったく無かったのです。

さらに、女性の社会進出も影響しているでしょう。女性の社会進出が婚活にどんな影響があるのかと言うと、単純に「出会いの幅が狭くなった」ということが言えるでしょう。

今日まずは、女性だけの会社や、労働者の男女比率が偏っているという会社も少なくないです。ひと昔前までなら、女性は家に、男の人は会社にというようなことが一般的でした。しかし、長引く不況で、男の人の収入だけでは生活を維持するのも難しく、共稼ぎをするというのが良識になってきているそうです。これは、女性が一方で生活をするということも難しくなっているので、婚活をする以前に「休日が無い」と悲鳴を上げている女性も少なくないのです。

このような状況になると、男の人も女性も独自に婚活をするという人が増していきます。最後に、これが一番のポイントかもしれないでしょうが、「不況による労働時間の長さ」がデメリットなのです。ノー残業デーや残業ナシ宣言などを掲げている会社もありますが、国内の会社の中で、残業がゼロの会社はどの程度あるのでしょうか?

これは、「サービス残業もしない」ということを加えると、すごく少ないでしょう。そんなにお仕事をしてしまっているということは、自由に使える時間が少ないということです。そうなると、家よりもお仕事というように流れて仕舞う人も多く、晩婚化がすすむことの原因となってしまいます。

さらに、晩婚化になると、若さが持ち合わせる善悪よりも、未来を考えた展望に目を向けてしてしまいがちです。その結果、男女共に譲れないことが多くなり、理想の相手を探し求めるので、さらに相手が見つからないといった負のスパイラルに陥ってしまうのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA